中小企業診断士通信講座のおすすめランキング13選【2024】

最終更新日:2024-02-11
中小企業診断士通信講座のおすすめランキング13選【2024】

中小企業診断士は国家資格の一つで、司法試験や公認会計士に並ぶ難易度の高い資格。中小企業診断士の資格を取得することで、企業の経営に関する助言や問題解決をサポートできます。

独学で中小企業診断士の合格を目指すには、約1,000時間の学習時間が目安と言われています。

下記のツールを使うと、1日の学習時間を入力することで学習期間目安が表示されますのでお気軽にご利用下さい。

学習期間計算ツール

学習期間の目安がわかると、「中小企業診断士通信講座の受講を考えているけどどこがおすすめ?」「合格率の高い中小企業診断士通信講座ってどれなの?」といった疑問が出てくるでしょう。

そこで本記事では、中小企業診断士通信講座のおすすめランキングを以下の通りまとめました。

本記事では各講座の概要はもちろん、受講料金や合格率や割引キャンペーンについても紹介するため、中小企業診断士通信講座の受講を検討している人はお役立て下さい。

>> 今なら人気講座の無料体験実施中!詳細はコチラ

中小企業診断士通信講座のおすすめ13選【2次試験対応あり】

中小企業診断士は明確な受験資格が存在しないため、学歴や経験に関わらず申し込みが可能です。試験の特徴として1次試験と2次試験の2部構成になっており、合格には総得点60点以上かつ科目ごとに40点以上を獲得する必要があります。

中小企業診断士の合格率は、1次試験と2次試験を合計すると例年10%以下となるケースが多いです。合格に必要な平均勉強時間は1,000時間以上と言われており、非常に難しい国家試験と言えるでしょう。そのため、中小企業診断士試験に合格に向けて通信講座を受験する人が多いです。専門の通信講座を受講することで、独学よりも効率的に学習が可能です。

また、中小企業診断士通信講座を受講する際は、合格率に着目して受講を決めましょう。講座によって合格率を公開しているケースがあり、数値を確認することで実績を把握できます。高い合格率を誇る講座は必然的に質の良いサポートを提供しているため、初学者にも最適な内容と言えます。

中小企業診断士通信講座で合格率の高いサービスは、以下のとおりです。

中小企業診断士通信講座合格率
スタディング18.7%
アガルート1次試験:72.22%
2次試験:35.71%
フォーサイト一次試験60%
診断士ゼミナール1次試験:74%
2次試験:35.6%
MMC40%以上

上記の通り、中小企業診断士通信講座の中で合格率が高いのは、アガルートと診断士ゼミナールです。特にアガルートは1次試験の合格率が72%以上となり、平均に対して2.5倍以上の実績を誇ります。

>> 【無料体験】アガルートのHPはコチラ

1次試験の合格率を開示している講座は多いものの、2次試験までの実績は非公開のケースが多いため注意しましょう。

また、中小企業診断士試験データによると受験者の大半は企業に勤めている社会人です。独学ではモチベーションの維持が難しく、効率的に学習を進められないケースが多いです。

そのため、合格率の高い通信講座を受講し、サポートを受けながら中小企業診断士の資格取得を目指しましょう。

1位:アガルート

アガルート
受講料金54,780円〜
合格率1次試験72.22%
2次試験35.71%
割引きキャンペーン最大20%オフクーポンあり

アガルートの中小企業診断士講座は1次試験72.22%・2次試験35.71%の合格率を誇るサービスです。コンパクトなオンライン講義を特徴としており、合格に必要な情報だけを凝縮しています。

アガルートは効率を追求したカリキュラムを用意しており、働きながらでも合格を目指せます。中小企業診断士試験の特徴として、過去の問題が繰り返し出題されます。そのため、何度も過去問を繰り返し解くことで、試験合格の近道になります。

また、アガルートのカリキュラムは初学者でも挫折しない丁寧な解説が特徴です。各科目のスペシャリストがテキスト作成から講義まで対応しているため、よち内容の理解が深まります。

さらに、アガルートはフォロー体制が充実しています。疑問に思ったことは質問制度で講師へ直接相談でき、時期ごとの勉強法の悩みを解決可能です。テキストはデジタルブックを用意しているため、スマホやPCからでもテキストの閲覧が可能です。講義動画を見ながら気になった箇所をすぐ確認できるでしょう。

アガルートでは受講者が2024年の中小企業診断士試験へ合格した場合、支払い金額は全額返金され、お祝い金30,000円が贈呈されます。自社のサービスに自信があるからこそできる特典と言えます。

>> アガルート中小企業診断士講座のお申し込み

2位:スタディング

スタディング
受講料金48,400円〜
合格率18.7%
割引きキャンペーン10%オフクーポンプレゼント

スタディングの中小企業診断士通信講座は短時間で合格に向けたサポートを提供するサービスです。隙間時間でも受講できる講座が特徴で、短期間で国家試験に合格した人の勉強法を徹底的に研究・開発したオンライン講座です。

2022年度の2次試験の合格者数は167名となり、合格率は年々アップしています。実際に95.1%以上の受講者が続けやすさを実感しています。

スタディングの中小企業診断士通信講座は高速インプット学習が特徴で、初学者でもわかりやすいビデオ講座や音声講座を準備しています。テキスト以外の学習を中心としており、スマホやタブレット・PCを活用するため効率的に学べて定着率が高まります。

また、短期間で合格を目指すカリキュラムとなるため、問題練習を活かした適切な学習順番を意識しています。適切なタイミングのインプット・アウトプットを行うことで、合格に向けた学習フローを構築可能です。

さらに、スタディングのアプリにはAI問題復習機能が搭載されています。受講者一人ひとりに最適化された復習スケジュールで苦手な問題を克服できます。復習問題も自動でピックアップしてくれるため、現状の把握と学習すべき内容を理解できるため、独学よりも効率的に力を身につけられるでしょう。

スタディングのお申し込み

3位:フォーサイト

フォーサイト
受講料金3,800円〜/月
合格率一次試験60%
割引きキャンペーン受講料20%オフキャンペーン

フォーサイトの中小企業診断士通信講座は、一次試験通過率60%を誇ります。全国平均の合格率に対して2倍以上の数値となるため、非常に高い実績と言えます。フォーサイトは初めて中小企業診断士の学習を始める人でも安心できるよう、eラーニング「ManaBun(マナブン)」による学習スケジュール構築サービスを提供しています。

また、忙しい人でも隙間時間で学習を続けられるよう、スマホ・タブレットなどで資格勉強が可能です。移動中や終身前後など、ちょっとした時間を有効活用できるのは大きなメリットです。中小企業診断士は一般的に12ヶ月の学習が必要と言われていますが、フォーサイトのカリキュラムなら8ヶ月で合格を目指せます。満点主義ではなく合格点主義で学習を続けることにより、短期合格を実現しています。

さらに、フォーサイトの学習カリキュラムはフルカラーテキスト。紙のテキストではなくデジタルテキストを提供することで、学習効果の高いデジタルを併用しながら効率的に学習が可能です。フォーサイトは紙・デジタルのテキストに加え、講義とeラーニングを用意することで、難解な部分でも高いパフォーマンスで合格を目指せます。受講料割引キャンペーンも実施しているため、気になる人はぜひチェックしてみてください。

4位:ユーキャン

ユーキャン
受講料金16,800円〜
合格率非公開
割引きキャンペーンなし

ユーキャンの中小企業診断士通信講座は、30年以上にわたり開講されてきたノウハウを活かして学習できるサービスです。

ユーキャンの講座は仕事で忙しかったり、学校に通っていたりする人でも隙間時間で合格を目指せるカリキュラムとなっています。教材内容はテキスト6冊をはじめとし、問題集や口述試験対策・添削課題集など、初学者から経験者向けの教材を活用できます。

また、ユーキャンの中小企業診断士通信講座には動画講義は存在しません。テキストをベースとしており、デジタルテキストを活用すればスマホでも学習が可能です。ユーキャン独自の個別質問サポートや経験豊富な講師による添削サポートを受けられます。

ただし、2023年12月時点でユーキャンの中小企業診断士通信講座はサービスを提供されていません。

5位:クレアール

クレアール
受講料金160,000円〜
合格率非公開
割引きキャンペーンコース別特別割引キャンペーン

クレアールの中有小企業診断士通信講座は、初学者から学習経験のある人でも幅広く活用できるサービスです。クレアールの講座はWeb学習に最適化された講座動画を用いたカリキュラムで構成されています。

クレアールは独自の合格メソッドとして「非常識合格法」を掲げています。非常識合格法とは、合格必要特典範囲を短期間で確実に習得することを目的とした学習方法です。分析・集中・反復の3つポイントとしているため、中小企業診断士の合格に必要な60%の特典獲得を実現します。

また、クレアールの学習テキストはPC・スマホ・タブレットなどマルチデバイスに対応。どこからでも動画を視聴でき、自分に合った受講スケジュールを組むことができます。動画講義は倍速機能を利用できるため、時間効率を大幅にアップして学習が可能です。講義内で説明に使っているパワーポイントの資料は、別途ダウンロードしてプリントアウトが可能です。資料以外にも音声だけをダウンロードすることもできるため、シーンに合わせて耳だけで試験勉強を続けられます。

さらに、クレアールには問題演習専用のアプリを用意しています。1000問ノック答練を活用することで講義やテキストで学んだ内容を定着させられます。クレアールの提供する中小企業診断士通信講座はコースごとに割引価格で受講できるため、気になるしとはぜひチェックしてください。

6位:資格の学校TAC

資格の学校TAC
受講料金15,000円〜
合格率非公開
割引きキャンペーン早割キャンペーン

TACの中小企業診断士通信講座は、2次試験の合格者数169名以上と高い実績を誇るサービスです。TACの講座は市販の教材ではなくオリジナル教材を活用しており、ポイントを押さえたコンパクトな内容となります。中小企業診断士試験の傾向を研究し、毎年合格率を上げるために改善しています。初学者でも学びやすいように内容を簡潔にまとめ、デジタル教材も用意することでスムーズな学習を後押しします。

また、オリジナル教材には、基本テキストを準拠した専用問題集の「トレーニング」や講義サポートレジュメ、新作演習問題など多数の教材が用意されています。TACでは専任講師による教材作スケジューチームを結束し、関係庁省や公的機関の発信する情報に目を凝らして教材を作成しています。

さらに、TACの講座は受講生のライフスタイルに合わせ学習方法を選択できます。続けることを何よりも大事としていることから、安心のフォローシステムを用意。質問メール機能や自習室の活用、通信講座生でもスクリーニングなど、資格取得に向けたサポートを活用可能です。

TACでは早ければ早いほどお得に講座を受講できる早割も用意しているため、気になる人はぜひチェックしてみてください。

7位:資格の大原

資格の大原
受講料金105,000円〜
合格率非公開
割引きキャンペーン過去受講者限定割引

資格の大原の中小企業診断士通信講座は、受験指導のプロ講師による質の高い講義やオリジナル教材を活用したサポートを受けられます。

資格の大原では、プロフェッショナルによる1次試験の対策を実施しており、受講生一人ひとりの学習管理を実施しています。受講生の進捗状況を把握することで、いつでも的確なアドバイスが可能です。2次試験では合格答案を作る添削指導を実施。2次試験攻略に特化した思考法を身に付けられるため、口述試験にも対応できるでしょう。

また、資格の大原の教材は初めて学習する人でも本試験出題レベルの問題を正解できる力が身につけます。わかりやすさと使いやすさを追求した構成となっており、試験やフェーズごとに最適な教材を活用可能です。

資格の大原では教材や講座だけではなく、受講生が学習に集中して合格を目指せるよう万全のサポートを整えています。担任制度の導入や制限なしの質問対応、添削指導・自習室の開放など様々なフォローとサポートを活用できます。資格の大原は入校前にオンラインの受講相談も実施しているため、気になる人はぜひチェックしてみてください。

8位:たのまな

たのまな
受講料金219,000円
合格率非公開
割引きキャンペーンなし

たのまなの中小企業診断士通信講座は、ポイントを絞り効率的な学習を実現するサービスです。たのまなの講座はテキストだけではなく、映像学習スタイルを採用しているため、24時間学習をサポートしてくれます。スマホやPCから学習動画を視聴できるため、時間や場所を選ぶことなくいつでもどこでも資格勉強が可能です。

また、たのまなの講座には無駄な情報は一切なし。合格に必要な範囲だけを徹底的に学習できます。過去の傾向を分析し、合格に必要十分なターゲット論点だけを学習範囲として設定しています。講座を受けることで確実に60%の合格点を確保できる内容で構成されています。

講座には短時間で合格スキルを習得できる内容が盛り込まれています。1次試験と2次試験それぞれに必要な学習内容がまとめられているため、スピード感のある資格勉強をサポートします。

さらに、たのまなは合格までのサポート体制が充実しています。メールや質問票・FAXによるサポートは無制限。学習中に発生するわからない部分は何度でも質問できます。試験勉強の学習計画を立てる際は、セルフチェックシートを活用でき、テキスト教材はPDF化してダウンロードも可能です。通常サポート期間は1年間だけですが、終了の1ヶ月前に連絡を入れればプラス1年間延長して講座を受講できます。

講座の申し込みでは割引などは提供していないものの、36回の分割払いを提供しています。一括で支払いが難しい人でも無理なく中小企業診断士の学習を進められるでしょう。

9位:日本マンパワー

日本マンパワー
受講料金56,100円〜
合格率非公開
割引きキャンペーンなし

日本マンパワーの中小企業診断士通信講座は、科目ごとに最適なカリキュラムを盛り込んだサービスです。

日本マンパワーのカリキュラムは合格指導ノウハウを凝縮した内容となっており、読む学習に向けて開発されたテキストを活用できます。オリジナルテキストとWebガイド映像で学習内容と試験対策を結びつけて効率的に理解できます。テキストには本試験の模範解答集や実践問題集を用意しているため、学習内容のアウトプットも可能。法改正情報や試験前にチェックしておくべきポイントもまとめられているため、万全の状態で試験へ臨めます。

また、日本マンパワーには「Web Course-s」と呼ばれる受講生専用のマイページが用意されています。通信教育講座の添削サービスや講座内容の質問が可能です。動画や資料・電子ブックなどのWeb教材も閲覧できるため、隙間時間の学習に活用できます。

テキストベースで中小企業診断士の学習を進めたいなら、日本マンパワーの講座をチェックしてみてください。

10位:LEC

LEC
受講料金188,100円〜
合格率非公開
割引きキャンペーンWeb申込で5,000割引クーポンキャンペーン

LECの中小企業診断士通信講座は、複数のプランで受講生の合格を支援するサービスです。短期合格を目的とした学習カリキュラムを構築しており、過不足のない知識・情報の提供と最適な学習環境をサポートしてくれます。

LEC10年のノウハウを詰め込んだオリジナル教材を活用して学習でき、時期と傾向分析を行なったテキストを使用します。わかりやすく復習すべき問題を把握できるため、効率的に学習を進められます。

LECでは実務家の講師がサポートしてくれるため、合格のメソッドを活用しながら学習が可能。LECのマイページからは過去受講者の合格体験記もチェックできるため、どのように学習を続けていたのか把握できます。

また、LECの中小企業診断士通信講座の一部プランでは、合格すれば30,000円のお祝い金を進呈しています。

11位:診断士ゼミナール

診断士ゼミナール
受講料金18,980円〜
合格率1次試験:74%
2次試験:35.6%
割引きキャンペーン最大7,000円オフキャンペーン

診断士ゼミナールの中小企業診断士通信講座は、1次試験74%・2次試験35.6%の実績を誇るサービスです。他の通信講座と比べても高い合格実績を誇っており、通常の1.9〜2倍以上の合格率といえます。

診断士ゼミナールの講座は事前に受験への明確なステップを考えます。基礎講座で知識を深め、問題演習講座を活用から直前講座まで万全のサポートを行います。講座自体は約1年間の合格を目指しますが、じっくり合格を目指したい人向けに3年間の延長サポートも提供しています。

また、診断士ゼミナールの講座カリキュラムはテキストと映像講座を駆使して、苦手科目の克服と60%以上の点数獲得も目的としたアウトプット能力が身に付きます。カリキュラムごとに講座の収録位回数や教材の発送予定日が定められているため、合格までのスケジュールを細かく立てながら学習が可能です。

さらに、診断士ゼミナールのカリキュラムは送料無料・後払いと分割払いOK。講師への相談も何度でも無料となるため、十分なサポートで受験勉強へ集中できます。

総講義時間約270時間の内容を期間限定キャンペーン価格で受講できるため、診断士ゼミナールの講座が気になる人はぜひチェックしてください。

12位:MMC

MMC
受講料金210,000円
合格率40%以上
割引きキャンペーンなし

MMCの中小企業診断士通信講座は合格率40%以上を誇るサービスです。特に中小企業診断士試験の2次試験に特化したサポートが特徴です。80分以内に60点取れる回答を書ける様になることをメソッドとして受験生一人ひとりに個別指導を行なっています。

また、MMCの講座を受講することで、解答の型を身につけることができ、安定した点数を獲得可能です。講座は迅速かつ丁寧な添削指導を行なっており、繰り返しの指導で受講生にコツを掴んでもらえるようサポートします。全講師によって一貫した指導を行うため、内容にバラツキが発生することはなく、学習内容の違いに混乱することもありません。

一方、MMCでは1次試験の学習サポートは行なっていません。2次試験に特化したサポートを受けたい人にとっては最適な内容と言えるでしょう。

さらに、MMCではZoomによる合格対策講座を無料で受講相談可能です。参加料は一切かからないため、MMCの受講を検討している人はぜひチェックしてください。

13位:AAS

AAS
受講料金42,000円〜
合格率非公開
割引きキャンペーン本試験高得点者割引クーポン

AASの中小企業診断士通信講座は2次試験対策専門校です。2次試験にフォーカスを当てて学習ができ、試験テクニックだけではなく中小企業診断士の実務にも活かせるノウハウを得られます。

AASは短時間で効率的に情報を整理する与件構造化や戦略フレームワーク、ロジカルシンギングなどのスキルを学べます。講座では添削回数が多く、最大40回の添削を受けられます。添削の提出から返却までかかる日数は平均2.9日となるため、スピーディーに学習を進められます。

AASの講座は配信ページに質問欄が設けられているため、気軽に質問が可能。質問当日から翌日までに返信をもらえるため、早いレスポンスで疑問を解消できるでしょう。

また、AASは2次試験専門の講座ですが、1次試験対策も含んだコースも提供しています。

中小企業診断士通信講座の受講料が安いだけで選ぶのは禁物

中小企業診断士通信講座を「費用の安い講座」で選ぼうとしている人も多いでしょう。しかし、中小企業診断士通信講座を受講料だけで選んでしまうと他に提供するサービスが合わないことがあります。

中小企業診断士通信講座を選ぶ際のポイントは、以下のとおりです。

  • 講座は主にテキストか動画!自分に合う講座を見つけよう
  • 初心者は挫折防止の為にサポート体制の充実度を確認する
  • どうしても安い受講料で受けたい場合は分割払いを検討

それぞれ順に解説します。

講座は主にテキストか動画!自分に合う講座を見つけよう

中小企業診断士通信講座を受講する際は、使用する教材が非常に重要です。日々教材を用いて学習を進めるため、講座の内容や教材が自分に合っていなければ、試験合格は難しいでしょう。

多くの中小企業診断士通信講座は、メイン教材がテキストや動画になります。テキストベースの教材はで学習内容がまとめられており、講師のサポートを受けながら問題を解いていきます。動画講座の場合は再生機能や時間など、利用する通信講座によって詳細が異なるため事前に詳細を確認しておきましょう。

初心者は挫折防止の為にサポート体制の充実度を確認する

中小企業診断士は難易度の高い資格のため、初心者は勉強が続かずに挫折してしまうケースが多いです。そのため、中小企業診断士通信講座を初めて受講する場合は、サポート体制を十分に確認しましょう。

中小企業診断士通信講座によっては、講師への質問受付やカウンセリングを実施しています。テキストの添削サポートを実施している講座もあるため、学習を続けられる環境なのか確認が重要です。

また、中小企業診断士通信講座あ独自に提供しているWebサービスやスマホアプリなどが充実しているかの確認も欠かせません。利用できるツール含めてサポート体制となるため、講師へ相談できない時、自身で問題を解決できるツールあるかチェックしておきましょう。

どうしても安い受講料で受けたい場合は分割払いを検討

中小企業診断士通信講座を費用重視で選ぶなら、分割払いを検討しましょう。講座によっては一括払いだけではなく、分割払いに対応しているケースがあります。分割払いを活用すれば、一度に大きなコストをしはららはないため、生活への影響を抑えられます。

また、中小企業診断士通信講座の中には、教育ローンを活用して1〜36回までの分割払いを利用できることがあります。受講予定の中小企業診断士通信講座が分割払いに対応しているか確認し、経済状況に合わせて選択すると良いでしょう。

令和4年度の中小企業診断士試験の合格率は28.9%

中小企業診断士資格は国家資格の中でも難易度が高く、令和4年度の合格率は28.9%です。中小企業診断士の試験には受験資格が不要なため、年齢や学歴・経歴に関わらず受験が可能です。一度取得すれば中小企業診断士として、官公署に届ける書類の作成など法律関連の手続きが可能になります。

合格するための勉強時間は一般的に1000時間必要

中小企業診断士試験に合格するための勉強時間は、一般的に1000時間は必要と言われています。もちろん個人差はありますが、予備知識が全くない状態であれば1000時間、ある程度あるなら800時間前後が目安です。

800時間勉強して資格取得を目指すなら、1日平均4時間勉強すれば7ヶ月で取得が可能です。平日会社で勤務しながら資格取得を目指す場合は、1日2〜3時間の勉強で取得まで12ヶ月程度かかると認識しておきましょう。

独学より通信講座を受講する方が合格率は上がる

中小企業診断士の独学教材

中小企業診断士資格の取得を目指す場合は、独学よりも通信講座を受講した方が合格率は上がります。中小企業診断士試験は試験範囲が非常に広く、出題形式が多様です。二択問題以外にも、5者択一や記述式なども出題されるため十分な対策が必要です。総合的な難易度が高く、学習方法がわからなかったり、仕事との両立が難しかったりします。

一方、中小企業診断士通信講座を受講すれば、専門講師が合格に必要なカリキュラムを用いて学習をサポートします。テキストや動画講座、過去も再現演習など様々な対策が用意されています。講座によっては講師に相談できる環境や独自のスケジュール管理ツールが可能なため、独学よりもスムーズに学習が可能です。

通信講座のため、自宅や外出先など好きなタイミングで学習が可能です。勉強と仕事を両立させながら、効率的に中小企業診断士資格の取得を目指して学習を続けられるでしょう。

試験日から逆算して中小企業診断士通信講座を受講しよう

中小企業診断士通信講座を受講する際は、試験の日から逆算してスケジュールを立てましょう。中小企業診断士の試験は例年11月の第2日曜日に実施されます。試験直前に講座を受講しても間に合うことなく、失敗する可能性が高いです。

そのため、中小企業診断士資格の勉強時間から逆算して受講を開始しましょう。受講から支援まで事案が空いてしまうと十分な準備ができない可能性もあるため、必ず逆算してスケジュールを設定しましょう。