社労士通信講座おすすめランキング12選【2024年最新】

最終更新日:2024-05-21
社労士通信講座おすすめランキング12選【2024年最新】

社会保険労務士(社労士)は、企業の労働時間や社会保険制度に関する専門家です。

社労士資格は国家資格の中でも難易度が高く、約1,000時間の勉強が必要と言われています。独学で学習し社労士を取得するのは難しく、通信講座を受講する人も多いです。

下記のツールを使うと、1日の学習時間(社労士の場合は1,000時間)を入力することで学習期間目安が表示されますのでお気軽にご利用下さい。

学習期間計算ツール

しかし、「おすすめの社労士通信講座ってなに?」「社労士通信講座を選ぶときの基準はなに?」などの疑問が出てくるでしょう。

そこで本記事では、社労士通信講座のおすすめランキングを以下の通りまとめました。

本記事では各社労士通信講座の概要や特徴、合格率をまとめました。

社労士通信講座を選ぶ際のポイントも紹介するので、最後までお読み頂きお役立て下さい。

\ 今なら人気講座の無料体験実施中 /

お申し込みはこちら
スタディングの公式HPへ

社労士通信講座おすすめランキング!合格率で徹底比較

社労士通信講座を比較

社労士の過去5年間の合格率は平均6〜7%と言われています。

毎年4万人前後の人が受験しているため、非常に人気と難易度が高い資格と言えます。

本記事で紹介した社労士通信講座の中で、合格率を比較してみると以下の通りです。

社労士通信講座合格率
アガルート33.85%
スタディング28.89%
クレアール26.9%
フォーサイト26.4%
LEC非公開

社労士通信講座を合格率で選ぶならアガルートがおすすめです。

合格に向けて徹底的に効率的な講座を展開しており、初学者でも初年度から資格取得を目指せます。

アガルート社労士講座の無料体験

受講する社労士講座によって独自のカリキュラムや指導法・サポートを展開しているため、合格率は一つの指標として認識しながら社労士通信講座を選ぶと良いでしょう。

スタディング

スタディングの社労士通信講座
受講料金46,800円〜
合格率28.89%
割引きキャンペーン春の合格応援キャンペーン実施中

スタディングの社労士通信講座は、合格率28.8%を誇る通信講座です。

全国平均合格率と比較して4.5倍の合格率を誇るため、高確率で社労士試験の合格を目指せます。

スタディングの講座は合格率だけではなく、続けやすさ実感度97%以上、コスパ満足度98%以上、動画講義満足度91%以上の圧倒的な支持を得ています。

スタディングの社労士講座は、隙間時間で合格を目指せます。スマホ一つで全てが完結する仕組みとなっており、学習が続くAIがサポートしてくれます。スタディングの学習カリキュラムはスマホを中心とし、アプリ内によるオールインワンのサポートが特徴です。アプリ内には、テキスト・問題集・講義全てが揃っており、直前対策や模試にも対応が可能です。

また、スタディングのアプリ内には、学習の継続をサポートするAI機能を搭載。忘れそうなところをAIが問題復習を提案したり、今試験を受けたら何点取れるかをAIが予測してくれたりします。ガイドに従うだけで学習フローを把握できる機能や学習時間や進捗状況を自動で集計し、グラフと数値で表示してくれる機能も搭載されています。学習が続く仕組みが複数等刺されており、動画講義は使いや表を多用し、資格的にわかりやすい構成になっています。

スタディングの提供する動画講座は1動画5分〜構成されており、細切れ受講が可能です。1日のうち1%でも隙間時間で学習ができれば、継続が習慣となり知識を積み上げられます。アプリ内では一問一答で苦手分野を克服したり、重要論点にフォーカスを当てて学習できたりします。

受講生から圧倒的支持を得ているカリスマ講師が学習をサポート。小学生でもわかる講義をモットーに日々疑問の残さない講義を実施しています。学習QAサービスもあり、他受講生の質問も閲覧が可能です。

低コストで効率的かつ隙間時間を活用して社労士試験の合格を目指すなら、スタディングをチェックしてみてください。

スタディングのお申し込み

アガルート

アガルートの社労士通信講座
受講料金39,800円〜
合格率33.85%
割引きキャンペーン最大20%割引実施中

アガルートの社労士通信講座は合格率33%以上を誇るサービスです。本試験の合格率は全国平均と比べても4.46倍の差がついているため、高い実績のある通信講座と言えます。

アガルートの社労士資格はキックオフや中上級者向けなど大きく分けて3種類存在します。例えば、「キックオフ社労士」なら、法律の勉強自体が初めての初学者向けの講座となっており、本格的な学習に入る前にポイントを押さえられます。

また、アガルートの社労士通信講座では、専門講師が作成したフルカラーのオリジナルテキストを活用可能。2年分の過去問集付きでインプットだけではなく、アウトプット対策も可能です。初学者でもどこからどこまで学習すればいいかを把握できます。

アガルートでは、スマホやタブレットからの学習も可能で、隙間時間を活用できます。講義動画もオンラインで配信しており、音声だけのダウンロードにも対応。動画は8段階の倍速機能と進捗率を一目で把握できるため、効率よく学習できるでしょう。

合格率の高い通信講座で社労士資格の取得を目指すなら、アガルートをチェックしてみてください。

>> アガルート社労士講座の無料体験はこちら

ユーキャン

ユーキャンの社労士通信講座
受講料金79,000円
合格率非公開
割引きキャンペーン教育訓練給付制度を活用可能

ユーキャンの社労士通信講座は、10年間の合格者数1,900名以上の実績を誇る講座です。講座のお客様満足度は85.7%となり高い評価を得ています。

ユーキャンの社労士講座は分かりやすく学びやすい教材・テキストを用意しています。メインテキストに関しては全てフルカラーに対応。覚えるべき場所が色分けされているため、視覚的に理解しやすく記憶にも残りやすいです。テキスト以外にも講義動画も用意されており、メインテキスト10冊分を動画kめあら無理なくスピーディーに学習可能です。動画は1本あたり5〜6分程度で構成されているため、隙間時間にサクサク視聴できます。

また、ユーキャンのテキストには試験対策のテーマ別実践問題集が付帯しています。2種類の実践問題集を駆使することで、過去6年分の本試験を徹底的に対策可能です。メインテキストと併用することで、より効率的な学習を実現します。

ユーキャンに在籍している講師数は30名位以上。社労士試験を熟知したプロ講師がきめ細かくサポートしてくれるため、頻繁に試験問題が変更される社労士試験でも、ユーキャンなら法改正を始めとした有益な情報をすぐにお知らせしてくれます。万全のサポート体制で安心して試験学習を続けられます。

ユーキャンの公式サイトからは、講座との相性を調べる「相性診断」を利用できます。自分の適正にあった講座を受講したい人はぜひユーキャンをチェックしてみてください。

>> ユーキャン社労士講座の無料体験はこちら

フォーサイト

フォーサイトの社労士通信講座
受講料金78,000円〜
合格率26.4%
割引きキャンペーン講座別割引クーポン配布

フォーサイトの社労士通信講座は、累計100,000人以上に受講されている講座です。2023年の合格実績は26.4%であり、全国平均の4倍以上の数値を誇ります。

フォーサイトの社労士講座が高い合格実績を誇るのは、最短で合格を目指せる合格点主義のテキストです。満点の取得を目指すテキストではなく、フォーサイトオリジナルの「テキスト分析・改訂システム」に基づいた構成となります。テキストは頭の中がきちんと整理できるフルカラーになっており、どこが重要なのか資格的に把握が可能です。各項目の重要度を明記していたり、色が変わっていたりするため一目でわかりやすく情報を把握できます。

また、フォーサイトはテキストの内容をより深く正確に理解できる講義動画を配信しています。講義動画はテレビ局レベルのスタジオで収録しています。動画はスマホ・タブレット・PCを活用した視聴が可能です。最大1コマ15分となるため、隙間時間学習に最適です。何度も繰り返し視聴し、記憶に定着させる講義は理解度を深められるでしょう。

フォーいでは動画講座以外にも、eラーニングシステム「ManaBun」によるサポートも提供しています。紙のテキストがない場合でも、デジタルテキストの視聴が可能。ManaBunなら学習スケジュールも自動で立ててくれるため、進捗管理もしやすいのが特徴です。

さらに、フォーサイトでは不合格の場合でも全額返金制度を導入しています。利用には条件があるものの、金銭的な負担が大きいと感じる人には最適の講座です。講座別に割引クーポンも用意されているため、気になる人はぜひチェックしてみてください。

クレアール

クレアールの社労士通信講座
受講料金116,130円〜
合格率26.9%
割引きキャンペーン1年目の受講料負担キャンペーン

クレアールの社労士通信講座は、合格率26.9%を誇るオンライン特化型の講座です。クレアールでは無理なく確実に最短合格を目指せるカリキュラムを組んでおり、指導歴50年以上のノウハウを活用してサポートしてくれます。

クレアール独自の「非常識合格法」では、出題範囲に特化した超効率的な講義を実施しています。一般的な学習範囲ではなく、クレアールが20年分の本試験問題を徹底分析した「本当に必要な部分」だけを絞り込んでいます。範囲を定めて狙い撃ちで学習を行うことにより、理解力・実践力を飛躍的に高めて合格率アップが見込めます。

オンライン講義によるインプットで理解を深め、圧倒的問題数をこなすことで実践力が身につくアウトプットを可能にします。受講生が躓きやすいポイントに関しては先回りして解決するため、確実な知識定着と理解促進を実現できるでしょう。

また、クレアールでは質問回数は無制限です。不明点があれば何度でも質問することで、最小の労力と最速のインプットで最短合格を目指せます。もちろん、音声講義や講義音声のDLなどで隙間時間を活用した学習が可能です。

さらに、クレアールではセフティーコースを用意しており、対象のコースなら2年目の受講料が約半額になったり、未受講分の受講料が全額返金されたりします。場合によっては1年目の受験料もクレアールが全額負担してくれるため、コスト面のデメリットを抱えることなく学習が可能です。自分のペースで合格を目指したいなら、クレアールをチェックしてみてください。

TAC

TACの社労士通信講座
受講料金39,600円〜
合格率非公開
割引きキャンペーン科目ごとの割引キャンペーン実施中

TACの社労士通信講座は2011年〜2023年の間いで5,503名以上の合格者を輩出している講座です。TACには全国で45名の講師が財政しており、クラス担当制によってきめ細かいフォローを実現します。通信講座でも教室講義や音声を提供しているため、自宅や外出先でも変わらない臨場感で学習が可能です。

TACの提供するオリジナル教材は、長年のノウハウと最新の試験傾向を反映しています。学習レベルやコースに応じた別々の専用教材によって、最適な学習効果が見込めます。教材の内容は試験傾向に合わせて毎年改正。崩壊背もギリギリまで盛り込むため、狙われやすいポイントもしっかり抑えられます。

また、TACのカリキュラムは導入編・講義編・直前編の3つに分かれており、戦略的に実力を身につけられるよう構成されています。カリキュラムの構成は働きながら短期合格できるよう設計されているため、初期から十分な問題演習料で早い段階から知識の定着が見込めます。予習・講義・復習の学習リズムを構築できるため、社労士資格を目指す十分な準備が可能です。

さらに、通信講座を受講している人でもスクーリングができたり、場合によっては教室講座へ講座へ入校できたりします。学習上の疑問をすぐに解決する質問メールやwebフォローなど、受講生に最適化されたフォロー制度が整っています。安定したフォロー制度で学習環境の構築から行いたい人は、ぜひTACをチェックしてみてください。

LEC

LECの社労士通信講座
受講料金152,000円〜
合格率非公開
割引きキャンペーン早期割引キャンペーン実施中

LECの社労士通信講座は、様々なコースを用意して受講生にとって最適なカリキュラムで学習できる講座です。基礎+合格コースを受講する場合は、全95回の講座を受講して学習が可能です。

LECでは基礎から応用、合格サポートまで20種類以上の教材を用意しています。スマホでも教材を閲覧できるため、隙間時間でもしっかり視覚取得に向けて学習できます。

LECの社労士コースは通学・通信のいずれも利用可能。講師の乗り換えも原則自由となるため、受講生の学習しやすい環境にカリキュラムをカスタマイズできます。通信講座でもLEC独自ツール「onlinestudySP」を活用すれば、Web上で講師へ質問もできます。講師へ電話で相談する機能も存在するため、内容に合わせて活用できるでしょう。

また、LECの社労士通信講座では無料の講座説明会を開催しています。事前に講座の概要やカリキュラムを把握できるため、気になる人はぜひチェックしてみてください。

資格の大原

資格の大原の社労士通信講座
受講料金195,000円〜
合格率非公開
割引きキャンペーン資格フェスキャンペーン実施中
早割キャンペーン実施中

資格の大原の社労士通信講座はプロの講師が高い指導力でサポートしてくれる資格です。オリジナル教材の開発力やカリキュラム、受講生一人ひとりに対して万全のサポートを提供してくれるのが資格の大原の特徴です。

資格の大原のオリジナル教材は毎年の出題傾向を分析・検討し、授業を行う講師が溝からテキストを作成します。テキストの内容は毎年更新されるため、合格のために必要な情報が揃っています。科目別講義テキストでは試験傾向を徹底分析し、効率学習をいつ減する内容になっています。選択肢きトレーニング問題集も用意されており、過去15年分の情報がまとめられています。

また、資格の大原では初学者でも挫折することなく実力を身につけられるカリキュラムで構成されています。膨大な量の法令を暗記するのではなく、問題への適用力を養成するため本番に強くなるでしょう。アウトプットとインプットを繰り返すことで適応力が高まり、得点力を鍛えられます。

もちろん、資格の大原ではテキストだけではなく講義動画「合格Web」のアプリを活用可能。Web通信講座やWebフォローなど動画の視聴が可能になるため、外出中・自宅など場所を選ばず学習ができます。電波のない環境でも動画を再生できることから、ストレスなく快適な動画学習を実現します。

資格の大原では受講生が不安を感じることのないよう、万全のフォロー制度を用意しています。質問対応から自習室・重複受講など様々な制度を活用が可能です。気になる人はぜひ資格の大原をチェックしてみてください。

キャリカレ

キャリカレの社労士通信講座
受講料金74,900円〜
合格率非公開
割引きキャンペーン最大50%オフキャンペーン実施中

キャリカレの社労士通信講座は、6ヶ月の短期学習で理想の合格を目指せる講座です。キャリカレなら楽手にかかる時間や労力を最小限に抑え、必要な知識だけを身につけられます。普段は仕事で忙しい人でも、キャリカレ独自の「最短最速合格法」を活用することで時短学習を実現します。

キャリカレの学習カリキュラムは問題として出題されるう範囲だけを選択して学習します。過去問を徹底分析することで、学習量を大幅に削減しています。合格に必要な範囲だけを集中して学習することで、重要条文を重点的にチェックが可能です。キャリカレのpテキストと過去問に全てを集約することで、20年分の知識をインプットできるでしょう。

また、キャリカレでは万が一不合格なら、授業料を全額返金します。社労士試験に合格すれば、無料でキャリカレが提供する講座一つを受験可能です。合格に対して絶対の自信があるキャリカレだからこそ、できるサービスと言えるでしょう。仕事を続けながらでも安定しながら学習を続けたい場合は、キャリカレをチェックしてみてください。

山川靖樹の社労士予備校

山川靖樹の社労士予備校
受講料金月額4,000円
合格率非公開
割引きキャンペーンなし

山川靖樹の社労士予備校は、約820名が学習アドバイスを提供している社労士通信講座です。

山川靖樹の社労士予備校の費用体系は全て月額制です。一括支払いではなく、月額制にすることで大幅にコストをかけることなく安心してサービスを受講できます。申し込み日が月末、月初でも支払いに損得はなく、常に月額4,000円で全サービスを活用可能です。

月額制では山川靖樹の社労士予備校の全カリキュラムを受講でき、合格講座全121回分、法改正対策や引っ掛け問題など様々な角度から学習が可能です。

また、山川靖樹の社労士予備校では無料体験を実施しています。契約前に講師の講座を受講できるため、どのような内容なのか、講義内容が分かりやすいかなどを事前に判断できます。

さらに、山川靖樹の社労士予備校では無料の質問サポート制度が用意されています。サービスに登録している受講者であればいつでも利用ができ、学習に関する内容をなんでも相談できます。学習内容はもちろん、スケジュール感や進め方のすり合わせもできます。

月額制でコストを抑えながら社労士の学習を行いたい場合は、ぜひ山川靖樹の社労士予備校をチェックしてみてください。

リンクアカデミー

リンクアカデミーの社労士通信講座
受講料金252,119円
合格率非公開
割引きキャンペーンWeb問い合わせ者限定クーポン配布中

リンクアカデミーの社労士通信講座は、常に最新の情報を分析しカリキュラムを編成している講座です。

初めての社労士資格の学習で進め方がわからない場合でも、リンクアカデミーの講座なら専門講師が学習計画・学習方法をサポートします。試験対策を熟知している講師が試験日までの最適な学習プランを設計。試験までの追い込みはもちろん、点数の伸び悩みや挫折しない方法など様々な悩みを徹底的に対策します。定期的に学習内容に関するカウンセリングを実施するため、その時々の問題を解決できるでしょう。

また、社労士資格の学習は平均8ヶ月〜12ヶ月続くためやる気が続かないケースが多いです。やる気が続かない場合でもリンクアカデミーにはキャリアナビゲーターが学習進捗をサポート。講座内容がわからない場合は、講座マイスターが質問に対して適切な回答を実施します。試験の攻略法や苦手分野の克服方法のアドバイスを受けられます。

さらに、リンクアカデミーの学習テキストは45年以上のノウハウを蓄積した安心のクオリティを誇ります。全国100拠点以上で多数の合格者を輩出しているリンクアカデミーならではのオリジナルテキストで学習が可能です。

通信講座でもスマホで学習を進められるため、インターネットがあれば、通学中・自宅・カフェなど様々な場所で講座を受講できます。講座動画は倍速視聴と組み合わせることで効率的に学習できるでしょう。リンクアカデミーは数々のデータを駆使して効率的なカリキュラムを設計しているため、挫折することなく社労士資格の取得を目指している人はぜひチェックしてください。

ゼミネット

ゼミネットの社労士通信講座
受講料金5,000円〜
合格率非公開
割引きキャンペーンなし

ゼミネットの社労士通信講座は、毎年の法改正に対応したカリキュラムで学習できる講座です。

ゼミネットの講座は3ヶ月コース・6ヶ月コース・12ヶ月コースの3つに分けられています。それぞれのコースはサポートを受けられる期間が異なるだけで、学習内容に違いはありません。講座内ではゼミネットオリジナルのテキストと動画を活用して学習を進めます。サポートテキストや実践力模試、法改正資料を提供しているため、学ぶ内容が常に変化する社労士資格でも最新情報を取り入れながら学習が可能です。

また、ゼミネットでは基礎知識の学習に力を入れています。応用問題や本試験揉んだへ挑む前に基礎を十分に固めておくことで、安定した点数を取ることができます。基礎テキストには科目ごとに5肢択一問題を用意しているため、問題を細かく分解して理解力を高められるでしょう。

ゼミネットでは無料体験講座を用意しています。社労士講座を本受講する前に自分に合った学習カリキュラムか判断が可能です。最適な通信講座を選びたいと感じている人は、ぜひゼミネットもチェックしてみてください。

社労士通信講座の受講料が安いだけで選ぶのは禁物

社労士通信講座を「一番費用の安い講座」で選ぼうとしている人も多いでしょう。しかし、社労士通信講座を受講料だけで選んでしまうと他に提供するサービスが合わないことがあります。

社労士通信講座を選ぶ際のポイントは、以下のとおりです。

  • 講座は主にテキストか動画!自分に合う講座を見つけよう
  • 初心者は挫折防止の為にサポート体制の充実度を確認する
  • どうしても安い受講料で受けたい場合は分割払いを検討

それぞれ順に解説します。

講座は主にテキストか動画!自分に合う講座を見つけよう

社労士通信講座を受講する際は、使用する教材が非常に重要です。日々教材を用いて学習を進めるため、講座の内容や教材が自分に合っていなければ、試験合格は難しいでしょう。

多くの社労士通信講座は、メイン教材がテキストや動画になります。テキストベースの教材はで学習内容がまとめられており、講師のサポートを受けながら問題を解いていきます。動画講座の場合は再生機能や時間など、利用する通信講座によって詳細が異なるため事前に詳細を確認しておきましょう。

初心者は挫折防止の為にサポート体制の充実度を確認する

社労士は難易度の高い資格のため、初心者は勉強が続かずに挫折してしまうケースが多いです。そのため、社労士通信講座を初めて受講する場合は、サポート体制を十分に確認しましょう。

社労士通信講座によっては、講師への質問受付やカウンセリングを実施しています。テキストの添削サポートを実施している講座もあるため、学習を続けられる環境なのか確認が重要です。

また、社労士通信講座あ独自に提供しているWebサービスやスマホアプリなどが充実しているかの確認も欠かせません。利用できるツール含めてサポート体制となるため、講師へ相談できない時、自身で問題を解決できるツールあるかチェックしておきましょう。

どうしても安い受講料で受けたい場合は分割払いを検討

社労士通信講座を費用重視で選ぶなら、分割払いを検討しましょう。講座によっては一括払いだけではなく、分割払いに対応しているケースがあります。分割払いを活用すれば、一度に大きなコストをしはららはないため、生活への影響を抑えられます。

また、社労士通信講座の中には、教育ローンを活用して1〜36回までの分割払いを利用できることがあります。受講予定の社労士通信講座が分割払いに対応しているか確認し、経済状況に合わせて選択すると良いでしょう。

令和4年度の社労士試験の合格率は5.3%

社労士資格は国家資格の中でも難易度が高く、令和4年度の合格率は5.3%しかありません。例年6〜7%前後であり、難関資格の一つと言えるでしょう。

社労士の試験には受験資格が不要なため、年齢や学歴・経歴に関わらず受験が可能です。一度取得すれば社労士として、官公署に届ける書類の作成など法律関連の手続きが可能になります。

合格するための勉強時間は一般的に1,000時間必要

社労士試験に合格するための勉強時間は、一般的に1,000時間は必要と言われています。

もちろん個人差はありますが、法律の予備知識が全くない状態であれば1,000時間、ある程度あるなら800時間全尾が目安です。

800時間勉強して資格取得を目指すなら、1日平均4時間勉強すれば7ヶ月で取得が可能です。

平日会社で勤務しながら資格取得を目指す場合は、1日2〜3時間の勉強で取得まで12ヶ月程度かかると認識しておきましょう。

下記のツールを使うと、1日の学習時間(社労士の場合は1,000時間)を入力することで学習期間目安が表示されますのでお気軽にご利用下さい。

学習期間計算ツール

独学より通信講座を受講する方が合格率は上がる

社労士資格の教材

社労士資格の取得を目指す場合は、独学よりも通信講座を受講した方が合格率は上がります。社労士試験は試験範囲が非常に広く、出題形式が多様です。二択問題以外にも、5者択一や記述式なども出題されるため十分な対策が必要です。総合的な難易度が高く、学習方法がわからなかったり、仕事との両立が難しかったりします。

一方、社労士通信講座を受講すれば、専門講師が合格に必要なカリキュラムを用いて学習をサポートします。テキストや動画講座、過去も再現演習など様々な対策が用意されています。講座によっては講師に相談できる環境や独自のスケジュール管理ツールが可能なため、独学よりもスムーズに学習が可能です。

通信講座のため、自宅や外出先など好きなタイミングで学習が可能です。勉強と仕事を両立させながら、効率的に社労士資格の取得を目指して学習を続けられるでしょう。

試験日から逆算して社労士通信講座を受講しよう

社労士通信講座を受講する際は、社労士試験の日から逆算してスケジュールを立てましょう。社労士の試験は例年8月の第4日曜日に実施されます。試験直前に講座を受講しても間に合うことなく、失敗する可能性が高いです。

そのため、社労士資格の勉強時間から逆算して受講を開始しましょう。受講から支援まで事案が空いてしまうと十分な準備ができない可能性もあるため、必ず逆算してスケジュールを設定しましょう。