学校法人 立教学院

立教学院展示館

開設の意図・目的

未来形の展示館と旧図書館の雰囲気 - その調和と発展を求めて -

立教学院本部調査役 
寺﨑 昌男

正門の左にある、赤レンガと蔦で織りなされた旧図書館。展示館はその2階フロアーを改装して創られました。展示館が池袋校地第一級のこの場所に配されたことに、全学院の意気込みが現れています。ウィリアムズ師の事績を語るコーナーから21世紀の学院現況におよぶ140年の歩みが、瀟洒な空間の中に配されています。ICTを大幅に活用しただけでなく、木造建築のたたずまいを生かして典雅な雰囲気が残るよう努めました。貴重な資料群や入念なレプリカを配列し、電子機器を使って小中学生諸君も昔のキャンパス風景や部活の様子に触れることができるよう配慮しました。学生諸君は、大学を一歩一歩築いてきた先学や先輩の願いを知り、父母の方たち、さらに昔から池袋に住んでおられる方たちも「立教」と自分たちの暮らしを考えていただきたい。つまり広義の「オール立教」のための広場にしたい。これが私たちの願いでした。展示館とは、今や大学・学校の飾りではなく、学院の全姿を社会に示すアカウンタビリティー(説明責任)遂行の場なのです。

ページの先頭へ戻る

学校法人 立教学院
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-34-1 TEL:03-3985-2202

Copyright © Rikkyo Gakuin. All Rights Reserved.