学校法人 立教学院

英語教育

話しあい、そして
理解しあうためにことばを学ぶ。
Language Learning for Mutual Understanding

立教学院では、小、中、高、大各学校を通じての三つの目標≪自己発信力≫≪コミュニケーション能力≫≪異文化理解と対応力≫を設定しています。

小学校

「英語をよく聞き、自ら発話しようとする態度を育てる」「英語のリズム・イントネーションや基本的な表現力・会話力を学ぶ」「外国や異文化への理解・関心を育て、視野を広げる」の三つを目標に展開。歌やゲーム、カード教材、Book Reading、LL教室を使った授業を行っています。また子ども達の力を引き出し、コミュニケーションの力を育むために、ETM(Education Through Music)というプログラムを取り入れています。

池袋中学校・高等学校/新座中学校・高等学校

中学校では、聞く・話す・読む・書くのバランスのとれた学習を大切にしており、少人数でのネイティブスピーカーの授業、各学年に配された英会話の授業などで真の英語力を培っています。
高等学校では、大学と協力して生きた英語力の育成をはかっています。英検やTOEFL(R)など公的な検定試験にも挑戦できるように、選択科目の中に検定受検対策プログラムが用意されています。

大学

全ての学生が国際人としての基礎を身につけるため、1年次から個々のレベルと目的に合わせたフレキシブルかつ多彩な授業を展開しています。より実践的なコミュニケーション能力と異文化への柔軟な視野を育成します。
さらに2年次以降の豊富な強化科目など、学生のレベルとニーズに応えるカリキュラムが用意されています。

諸外国の言葉の教育

異文化を真に理解するためのことばは、英語だけではありません。世界のさまざまな機関で公用語とされるドイツ語やフランス語、長い歴史を持つスペイン語とロシア、さらにアジアの理解に欠かせない中国語、朝鮮語などは、これからの国際社会の中で重要な役割を担っています。池袋と新座の高等学校の選択科目には、英語以外の言語の科目が用意されています。大学では、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、朝鮮語、ロシア語(文学部のみ)のいずれかを選択必修科目として履修し、基礎をしっかり修得します。

英語科教員研修会報告

ページの先頭へ戻る

学校法人 立教学院
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-34-1 TEL:03-3985-2202

Copyright © Rikkyo Gakuin. All Rights Reserved.